35mm判換算とは

35mm判以外のカメラに、ある焦点距離のレンズを着けて撮影する場合の画角が、35mm判のカメラにどの焦点距離のレンズを着けた場合と同じになるかを示した値です。
35mm判とは
フィルムカメラの中で最も一般的な、幅が35mmのフィルムを使ったフォーマットのことで、1コマの画面サイズは36×24mmです。ライカが導入したことにより普及したことから、「ライカ判」とも呼ばれ、デジタルカメラでは「フルサイズ」とも呼ばれます。また、同じ35mmフィルムを使ったカメラでも、オリンパスPENなど、画面サイズが35mm判の約半分の「ハーフ判」と呼ばれるタイプなどもあります。
画角とは
そのレンズで被写体を写すことができる範囲を角度で表した数値で、単位は「°(度)」です。単に「画角」と表示してある場合は、画面の対角方向の画角を指します。画角の数値が大きいと写る範囲は広く、数値が小さいと写る範囲が狭くなります。
焦点距離とは
厳密には正確ではないのですが、簡単に説明すると「レンズからフィルム(センサー)」までの距離のことで、一般的に単位は「mm(ミリメートル)」です。カメラの画面サイズが同じ場合、焦点距離が長くなると画角は狭くなり、焦点距離が短くなると画角は広くなります。